家つくり

キッチンの棚板は家の工事で余った無垢材を活用してDIY

ローコストで土地探しから引っ越しまでの家つくりの記録を夫のkazuがまとめます。

 

前回はこちら。

住宅ローンについて2(住宅ローン減税のメリットを活かす)ローコストで土地探しから引っ越しまでの家つくりの記録を夫のkazuがまとめます。 前回はこちら。 https://3...

 

 

 

キッチン背面上部の収納について

システムキッチンの吊戸棚を取り入れると収納力はあがりますが、おしゃれ感にどうしても欠けてしまいます。

 

TVの「建物探訪」をよく見ますが、建物探訪にでてくるキッチンでは、見せる収納として、棚板を使っている家がよく出てきます。

 

そこで、私たちも「棚板で見せる収納」を採用することにしました。

 

棚板をローコストで設置するため、私たちは工事で発生する板材を活用し、棚板を自分たちで取り付けることにしました。

 

まず、設置したい棚板のサイズをイメージし、どのくらいの長さの板が何枚必要なのかを大工さんに伝え、希望する大きさの残材がでたら、とっておいてもらうようにお願いしておきました。

また、あらかじめ壁に棚板を設置したいので、壁に下地をいれておいてもらうようにしました。

 

棚板となる残材には、オイルを自分たちで塗布しました。

 

オイルは家が完成した時に床に塗ったオイルの余りを使いました。

 

棚受(IKEAで1つ100円のもの)を壁に木ネジで取り付けて、棚受にオイルを塗った棚板を載せて、木ネジで留めただけです!

でもかなりおしゃれな感じに仕上がりました。

 

ちなみに、この自主施工の棚板はキッチンに2枚、トイレに1枚設置しましたが材料費は残材等活用したため、棚受と木ネジの費用だけでしたので

 

全部でなんと1,000円以下です。

 

1000円にしては、かなりハイクオリティなものができたと思います。

 

 

(他にもDIYしました↓)

カーテン、バーチカルブラインドはネット購入し自分たちで取り付けをローコストで土地探しから引っ越しまでの家つくりの記録を夫のkazuがまとめます。 前回はこちら↓ https://3...
家の外構をDIYで造りました~防草シートの上に砂利まき、御影石で敷石をしきました~こんにちは、三姉妹パパのkazuです。 今回家の外構をDIYで造りました。 内容は防草シートの上に砂利まき、御影石で...
吹き抜けの木製手すりに転落防止ネットを夫が張りました~ベビーゲートも購入しました~こんにちは、三姉妹ママのmamiです。 吹き抜け部分に夫がDIYで転落防止ネットを張りました。 我が家の吹き抜けについて...
ABOUT ME
mami
mami
1981年生まれ、鎌倉市在住。6歳、4歳、1歳の三姉妹のママです。元ピラティス&ヨガインストラクター。ピラティスで健康なカラダになるための情報や鎌倉について、子育てや家つくりなどについても紹介しています。