子育て

2020年教育改革で求められるのは主体性~子供の遊びや熱中する事を後押ししよう

2020年教育改革で小学校から高校までの教育がガラっと変わります。

今まで求められてきたのは、「親や教師に従順なよい子」でした。

でもこれから求められるのは、「主体的に生きられる子」になっていきます。

その為には親は何をすればいいのでしょうか。

親が先立って口出しするのではなく、子供が自分から何かに熱中したり、沢山夢中で遊ぶのを後押ししてあげればいいんです。

詳しくお伝えしていきます。

2020年教育改革でどのように変わるのか

これまでは「先生が正解を一方的に教える」という授業でした。

そして、「その正解をいかに覚えるか」という教育でした。

しかしこれからは、

正解までの問題の解き方を班ごとで話し合ったり、個々で意見を出し合ったりというような対話を取り入れた授業になります。

また、覚えたことをどのように使うかに重点がおかれるようになるのです。

学力の3要素

主に下の3つを総合的に判断するようになります。

・思考力、判断力、表現力

・主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度

・知識・技能の確実な習得

上の3つをアクティブラーニングという「主体的・対話的で深い学び」といわれる授業の方法で行なわれていきます。

アクティブラーニングは、これまでの先生からの一方通行の授業ではなく、ディスカッションプレゼンテーションなどを用いて、子供が能動的で深い学びができるようになる授業形式です。

子供たちが自ら能動的に学ぶ教育への転換期は、もうすぐそこまで来ています。時代は私達親が子供だった頃とはまるで違ってくるのです。

なので、つい自分の型に子供をはめようとしている親自身も変わっていかなければいけません。

大人に従順なよい子にしない方がいい理由

何故これまでいいとされた「よい子」にしない方がいいのか?

それは子供たちが大人になった時、今とは全く違う社会になっているからです。

例えばよりグローバル化は進み、AIなど技術革新によって、仕事の内容も様変わりするからです。これからの時代を生き抜くためには、変化の激しい時代の中を自分で切り開いていける力が欠かせません。

昔のように社会の歯車になり上司の言われたことを効率よくこなすという人では、生きづらい世の中になっていくのです。

これまでは親に言われたことをしっかりこなす子、親がやらせたいことをやる子が良しとされましたが、これからは自分でやりたいことをみつけて、自分でどんどんやっていける子が求められます。

特に母親に「こうしなさい」と言われて子供もそのようにずっときてしまったような子供は注意です。自分の好奇心を満たして叱られるより、親の顔色を窺って相手の喜ぶ行動をとったほうが子供にとって楽だからです。

好奇心とは本能なので、本能の部分がどんどんすり減ってしまうのです。

形式的な知識能力を身につけようと親が先回りした受け身の早期教育では、本当に賢い子は育ちません。

主体性は遊びで育つ

子供は生まれつき好奇心旺盛です。

親からみて一見「くだらない」ことに興味を持っているようにみえても、そういう時こそ主体性や能動性を育んでいるんです。

だから親が良かれと思って、先回りしすぎたり口や手を出してしまうのは、育つ芽を詰んでしまうことになるのです。

赤ちゃんの頃から本人のしたがる探索行動をいっぱいさせてあげて好奇心を上手に伸ばし、主体性を損なわないように子供の後ろからそっとついていく。それこそが子供が意欲をもって自分から進んで物事に取り組むようになる”本当の早期教育”なのではないのでしょうか。

親は子供が失敗しないようにと良かれと思って声をかけます。でも子供が失敗した時こそ、色々なことを学んでいくんです。

3歳位までの幼児でも親が子供の前にいて引っ張るのではなく、子供が興味を持ったことや進む道を後ろや横から支え、励ましてあげるのが大切になります。

子供の伸びる力を伸ばすには、子供の好奇心の対象を親も一緒に観察したり、共感したり、考えたりすることが大事です。

子供がまず自分で感動し、考え、疑問に思うということが最大のポイントです。

人と違っていい

自分の子供が人と違ったことをすると親は「変な子だと思われたくない」と恥ずかしくて嫌がるかもしれませんし、これまでは人と同じ様にすることを良しとされてきました。

でも今後は人と違う発想が求められる世の中になっていきます。

大学入試も同様です。

これまでは興味があることばかりやっている子は報われませんでした。そしてなんでもそつなく勉強ができる子が良しとされました。

でも、今後はやりたいことを究め、その中で身につけた力が大学入試でも問われるようになります。

主体性は「遊び→熱中→自分から」の順で磨かれる

幼児期は「興味をもって遊ぶ→夢中になる→自分からすすんでやる」という順を経て、自分で工夫して遊べるようになっていきます。

勉強もそうです。

「興味をもつ→夢中になる→自分からすすんでやる」というプロセスをたどることで力になります。

幼児期だけでなく、小学生になっても子供の頃の熱中体験は子供を伸ばします。熱中体験が豊富な人は、主体的に行動できて、自分であれこれ工夫して考える力を身につけることもできます。

今後求められるのは、沢山遊んだエネルギーあふれるやんちゃな子

加えて自然の中で思っいっきり遊んだり、友達と子供同士触れ合って遊びこむこともとても重要です。塾や習い事など何かを与えられた受け身のお膳立てされた学習ではなく、遊びの中で自分の体で実際に行なうこができた直接的な経験が一番の力になります。

自然の中で遊び回ると、空間認識能力が育ちます。

空間認識能力は本を読んでもみにつきません。内容を深く理解するには体験が必要です。

空間認識能力は山や海など立体的な空間の中で遊び回ることで鍛えられていきます。人は身体で物事を考え、身体で世界を把握します。

これからの社会で創造的な仕事を成し遂げるには、この空間認識能力がとても重要だと言われています。

子供と鎌倉散歩でおすすめスポット7選~子供のハイキングのメリットも紅葉が彩り、散歩するにも気持ちのいい季節の秋になりましたね! 鎌倉は、首都圏からも気軽に来れる距離にありながら、山や海など...

社会性を育てるには友達と沢山遊ぶ、仲間の中で認め合う経験を

一方でこれからは、多様な人々と協力し合える力も求められています。グローバル社会では国籍や文化が異なる人たちと一緒に働く機会がふえます。

人間関係の能力である社会性を発達させるには、仲間や友達とたくさん遊ぶことが一番です。

3歳頃までは親に認められ大事にされることが重要ですが、

4歳頃からは仲間の中で認められることが重要になってきます。

友達から遊びに誘われたり、遊びの中でアイディアを出して注目されたりして、仲間の一員としての役割を果たしたという手ごたえがあると、自分も役に立ち、必要とされ、認められていると実感できます。

集団の中では自分のわがままは通らないということやルールや約束を守ることも少しずつ学んでいきます。遊びの中で、人と関わり、相手の表情を読み取り、言葉を交わして思いを伝え合うことから、自分の気持ちを調整する力、他者と協調していく力なども育まれます。

親が細かいことに口出しせず、子供だけでダイナミックに遊ばせてやることも大切です。

自分の子供は?

我が家の娘達も、幼稚園終わりに近くの公園で毎日のように何時間もお友達たちと遊ぶことができました。

4月から小学生の長女は年中の途中で鎌倉に引っ越しましたが、引っ越し前も後も有難いことに多くの良いお友達に恵まれて、上記のように友達と自由に遊ぶ機会をもつことができたことが、一番の良い思い出になっています。

次は年中になる次女にも、幼稚園後遊べるお友達を作ってあげたいなと思っています。(実は小心者だから幼稚園ママさんに声をかけるのに少し緊張する…なんて言っている場合ではありませんね(><))

まとめ

これから求められていく主体性や社会性は、子供の「やりたい」という気持ちや友達と思いっきり遊びこむことで育まれます。

子供がやりたいこと、興味を持ったことを親はどんどん応援していきましょう!

その子供のエネルギーこそ大事にしていきたいです。

 

参考文献

「0~3歳 能力を育てる 好奇心を引き出す」汐見稔幸著

「3~6歳 能力を伸ばす 個性を光らせる」汐見稔幸著

「最強の子育て」福島美智子著

created by Rinker
¥1,540
(2019/11/21 13:47:58時点 楽天市場調べ-詳細)

「強育論」宮本哲也著

created by Rinker
¥704
(2019/11/21 14:04:46時点 楽天市場調べ-詳細)

「伸び続ける子が育つお母さんの習慣」高濱正伸著

プレジデントFamily

【実録】こどもの早寝早起きのコツ~メリットや実践していること~「朝子供の準備に余裕がなくてイライラする」、「早く寝て欲しいのになかなか寝てくれない」など悩んでいる方は多いのではないでしょうか。 ...
『歩育』こどもが沢山歩くことのメリット~坂道ウォーキングも効果抜群~「どこに行くにも車を使ってしまう」などで近年子供が歩かなくなってきていると言われています。 でも子供が歩かないと、体力の低下だけで...
ABOUT ME
mami
mami
1981年生まれ、鎌倉市在住。6歳、4歳、1歳の三姉妹のママです。元ピラティス&ヨガインストラクター。ピラティスで健康なカラダになるための情報や鎌倉について、子育てや家つくりなどについても紹介しています。